消化器外来

消化器外来とは

当院の消化器外来では、食道や胃、大腸などの消化管に対して、専門的な検査・治療を行っております。
当院の胃カメラ検査・大腸カメラ検査では、基本的に鎮静剤を使用して行います。
腹痛や便秘といった日常的な症状の場合でも、何らかの疾患の症状として現れていることもあります。自己判断で放置せずに、適切な検査と治療を行いましょう。まずはお気軽にご相談ください。


このような症状は
ありませんか?

食道・胃の症状

腹部の症状

  • 腹痛がある
  • 食欲不振が続く
  • 腹部膨満感がある

便の異常

検診・健康診断・
人間ドックで異常を
指摘された

  • 胃バリウム検査ののち、再検査となった
  • ピロリ菌感染の疑いを指摘された
  • 便潜血検査で陽性判定が出た

当院で診療している
主な疾患


消化器外来の流れ

1予約

当院では、WEB予約を行っております。24時間いつでもご予約が可能ですので、ぜひご活用ください。お電話でのご予約の場合は診療時間内のみ受け付けておりますので、予めご了承ください。

2来院

当日は、ご予約された時間にご来院ください。受付後、順番にお名前をお呼びいたしますので、待合室にてお待ちください。

3診察・検査

診察において、検査が必要と医師が判断した場合には、提案させていただきます。胃カメラ、大腸カメラ検査が必要な場合は別途ご予約いただき、後日検査を実施いたします。
緊急性が高いと判断した場合は、同日検査する可能性もあります。

4会計

一通りの診察や検査が終わりましたら会計となります。会計準備が終わりましたら順番にお名前をお呼びいたしますので、待合スペースにてお待ちください。


当院の内視鏡検査
(胃カメラ検査・
大腸カメラ検査)について

胃カメラ検査

胃カメラ検査では、食道や胃、十二指腸の状態を確認します。当院では、経口胃カメラ検査に加え、経鼻胃カメラ検査にも対応していますので、口からの胃カメラ検査が苦手な患者様は事前にご相談ください。また、当院の胃カメラ検査では鎮静剤を使用するため、眠っているようなリラックスした状態のまま検査を行うことが可能です。検査で生じる痛みなどが心配な患者様は事前にご相談ください。
鎮痛剤を使用した場合は、検査終了後はストレッチャーに乗った状態でそのままリカバリールームまで移動し、鎮痛剤の効果が切れるまで安静にお休みいただけます。
なお、当院では胃カメラ・大腸カメラ検査を同日に受診することも可能です。また、当院では早朝や土曜日の胃カメラ検査も実施しておりますので、ご希望の場合はご相談ください。

胃カメラ検査

大腸カメラ検査

大腸カメラ検査では、肛門から内視鏡を挿入して大腸粘膜の状態を観察します。大腸カメラ検査では、大腸がんや大腸ポリープ、炎症の有無に至るまで細かく観察することが可能です。大腸がんなど、大腸の疾患には初期には自覚症状が乏しいものも多いため、定期的に大腸カメラ検査を実施されることをお勧めしています。
当院では、最新鋭の内視鏡システムを導入し、検査では鎮静剤を使用しております。検査中に大腸ポリープなどの病変が発見された際には、検査中にそのまま切除することや炭酸ガスを使用して検査後の腹部の張りを軽減することもできます。また、検査前の処置としてご自宅で下剤の服用が不安な患者様は、院内のトイレ付完全個室にて服用していただけます。
なお、当院では胃カメラ・大腸カメラの同日検査や早朝・土曜日の大腸カメラ検査にも対応しています。何かご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

大腸カメラ検査

Contact
ご予約はこちら

お電話予約
お電話予約

TEL050-3613-2129

月・火・木・金 8:30~16:45
水・土 8:30~15:00

WEB予約
WEB予約

診察のご予約はインターネット
なら24時間おとりできます。
お電話の方は診療時間内に
おかけください。

WEB予約

LINE友だち追加
LINE友だち追加

お得な情報をご提供致します。
ぜひ友だち追加を!

QRコード