便が細い

いつもより便が細い、残便感がある

一般的に、便の太さは直径3~4センチほどになります。ところが、様々な原因によって、直径1センチほどしかない細い便が出ることがあります。
また、便が細いことに加え、残便感がある、便秘・下痢が続く、血便が出るなどの症状が見られる場合は、何かの疾患が隠れている可能性がありますので、一度当院までご相談ください。症状を詳しくお伺いし、大腸カメラ検査をはじめとする様々な検査によって、原因の特定や治療をご提案いたします。


更年期になると便秘や残便感、便が細くなる

通常、加齢とともに排便に使われる筋肉は衰えていくため、便が出にくくなることがあります。また、更年期を迎えるとエストロゲンの分泌量が低下するため、自律神経のバランスが乱れて腸の機能が低下し、便秘や下痢、残便感、便が細くなるなどの症状を引き起こすことがあります。


便が細くなる原因

便が細くなることの原因としては、以下のようなケースが考えられます。

腸の一部が狭くなっている

大腸がんや大腸ポリープなどを発症すると、腸の一部が狭くなって便が細くなることがあります。特に、血便を伴う場合には注意が必要です。大腸がんや大腸ポリープは、大腸カメラ検査で発見することができます。

便がやわらかい

下痢症状ほどではなくとも、便がやわらかいと排便時に肛門が押し広げられないことから、細い便が出ます。下痢症状が一時的であればそれほど心配する必要はありませんが、下痢が長期間続いたり下痢と便秘が繰り返される場合には、過敏性腸症候群などの疾患の可能性があります。

肛門が狭くなっている

切れ痔になると、肛門が狭くなることがあります。出血は少量ですが、排便時や排便後に痛みがある場合は切れ痔の恐れがあるため、適切な治療が必要です。

切れ痔(裂肛)


便が細い場合に考えられる疾患

便が細い状態が続く場合には、以下のような疾患が考えられます。

大腸ポリープ

大腸ポリープとは、大腸粘膜に生じる腫瘍です。ポリープができることで、腸の一部が狭くなり、便が細くなります。また、ポリープと便が擦れることで出血を伴うこともあります。
大腸ポリープの一部にはがん化するものもあるため、注意が必要です。

大腸ポリープ

大腸がん

大腸がんとは、大腸粘膜に生じるがんです。大腸ポリープと同様、腸の通り道が狭くなり、便が細くなります。また、出血を伴うこともあります。

大腸がん

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群を発症すると、下痢と便秘を繰り返すようになります。特に下痢の時は、排便時に肛門が開かず、便が細くなることがあります。

過敏性腸症候群


便が細い症状が続く場合は、大腸カメラ検査を

一時的に便がやわらかくなったことで便が細くなっている場合はそれほど心配する必要はありませんが、便が細い状態が続く場合には、大腸ポリープや大腸がん、過敏性症候群などの疾患による可能性があります。特に40歳以上の方は、大腸がんの発症リスクが高まります。大腸がんは初期の段階では自覚症状に乏しいため、早期発見するために年に1度は大腸カメラ検査を受けることを推奨しています。

大腸カメラ検査

Contact
ご予約はこちら

お電話予約
お電話予約

TEL050-3613-2129

月・火・木・金 8:30~16:45
水・土 8:30~15:00

WEB予約
WEB予約

診察のご予約はインターネット
なら24時間おとりできます。
お電話の方は診療時間内に
おかけください。

WEB予約

LINE友だち追加
LINE友だち追加

お得な情報をご提供致します。
ぜひ友だち追加を!

QRコード