胃カメラ検査時の食事

胃カメラ検査前々日まで

胃カメラ検査前々日まで 胃カメラ検査の前々日までは、食事に関する制限は特にありません。ただし、3日ぐらい前からは、飲酒や脂分の多い食事はなるべく控えるようにしましょう。


胃カメラ検査の前日

胃カメラ検査前日は、生活自体は普段通りで問題ありません。仕事も普段通りに行えます。ただし食事に関しては、昼食までは普段通りで問題ありませんが、夕食は午後8時までに済ませるようにしましょう。また、夕食はタンパク質や脂質を避け、消化の良いもの選ぶようにしましょう。糖質を摂ることで胃の滞留時間が短くなります。具体的には、おかゆや白米などはお勧めです。肉・魚類は食べても大丈夫ですが、うどんやパスタといった麺類は控えた方が良いでしょう。その他では、食物繊維や乳製品、海藻類、イチゴやキウイフルーツなど種の多い果物の摂取は避けましょう。
夕食後の水分摂取に関しては、水やお茶、スポーツドリンクなどは摂取しても大丈夫ですが、ジュースやコーヒー、牛乳などは検査に影響が出るため避けましょう。胃カメラ検査を意識しすぎて水分を摂らないでいると脱水症状を引き起こす恐れがあるため、注意しましょう。なお、積極的な水分補給は、食べたものを胃の中から外に出す効果もあります。

胃カメラ検査前日の食事・飲み物について
胃カメラ前日に
食べても良いもの・飲み物
  • ごはん、パン
  • たまご、豆腐、ヨーグルト
  • 麺類(うどん・そば・ラーメン・パスタなど)
  • 焼肉、揚げ物(唐揚げ・カツ丼など)
  • 水・牛乳・ジュース・炭酸水・コーヒー

など

胃カメラ前日にできるだけ
避けた方が良い食べ物・飲み物
  • 繊維質の多いもの(野菜類・海藻・きのこなど)
  • 刺激物(辛いものなど)
  • アルコール類

胃カメラ検査当日

胃カメラ検査当日は、朝食は控えてください。水分摂取は、前日と同様に水やお茶、スポーツドリンクなどは問題ないですが、ペットボトル1本程度にとどめ、あまり多量に飲むことは控えましょう。
喫煙に関しては、胃カメラ検査当日の喫煙は胃液が増えて検査に影響が出てしまうため、控えてください。


胃カメラ検査

胃カメラ検査自体は、ほとんどの医療機関でおおよそ10~20分で終了します。ただし、事前に行う問診や準備の時間、検査で生検を行った場合の時間も考慮すると、トータルで1~2時間程度は見ておくと良いでしょう。なお、検査で鎮静剤を使用した場合には、検査終了後に薬の効果が切れるまで院内でお休みいただくため、上記に加えて30分~1時間程度の時間を要します。あらかじめご了承ください。

胃カメラ検査


胃カメラ検査後

胃カメラ検査終了後には、医師が検査結果の説明を行います。通常通り検査が終了した場合には、その後の食事制限は特にありません。ただし、数日間食事制限を行ってきたため、体が慣れるまではできるだけ消化の良い食べ物を摂るようにしましょう。また、検査で生検を行った場合は、検査当日の飲酒や脂分の高い食事は避けるようにしましょう。
なお、生検を行った場合は検査結果が出るまでおおよそ10日かかりますので、日にちを空けて再度後来院いただいたのち、医師から検査結果を説明いたします。

Contact
ご予約はこちら

お電話予約
お電話予約

TEL050-3613-2129

月・火・木・金 8:30~16:45
水・土 8:30~15:00

WEB予約
WEB予約

診察のご予約はインターネット
なら24時間おとりできます。
お電話の方は診療時間内に
おかけください。

WEB予約

LINE友だち追加
LINE友だち追加

お得な情報をご提供致します。
ぜひ友だち追加を!

QRコード