食道がん

飲酒・喫煙による食道がんのリスク

食道がんとは、食道粘膜に生じる悪性腫瘍のことです。食道がんは、主に食道本来の粘膜である扁平上皮からできる扁平上皮がんと、円柱上皮からできる腺がんの2種類に分類されます。なお、日本人の場合、扁平上皮がんが食道がん全体の90%を占めています。また、バレット食道から生じたがんはバレット食道がんとも呼ばれ、腺がんに含まれます。
食道がんは、進行に応じて徐々に食道壁の奥へ拡大していきます。食道壁の粘膜内に留まっている場合を早期食道がん、粘膜下層までに留まっている場合を表在食道がん、それより深い層まで拡大している場合を進行食道がんと分類します。
進行がんになり血管やリンパ管にがん細胞が浸潤するようになると、肺や肝臓、骨、リンパ節などに転移する恐れがあります。さらに食道壁を超えると、気管や大動脈などの近くに位置する臓器にまで直接浸潤してしまう恐れも出てきます。
食道がんの原因として最も多いものが、喫煙と飲酒です。日本人の食道がんの大多数を占める扁平上皮がんは、喫煙と飲酒が大きく関与しているという報告もあります。特に、お酒を飲むと顔が赤くなる方は要注意です。顔が赤くなるのは、飲酒によって体内にできるアセトアルデヒドという発がん性物質を分解する酵素のはたらきが元々弱いためで、この酵素のはたらきが弱い方は、食道がんの発症リスクが高まります。
その他、日常的に喫煙と飲酒の両方の習慣がある場合も、食道がんの発症リスクが高くなるという報告があります。


食道がんになりやすい人の特徴

以下の項目に該当する場合は食道がんを発症リスクが高い傾向があります。現在目立った症状が出ていないとしても、一度胃カメラ検査を受けることをお勧めします。

  • 50歳以上の男
  • 日常的に喫煙習慣のある
  • アルコールを摂取すると顔が赤くなりやすい
  • バレット食道や腐食性食道炎・食道アカラシアの診断をされた方
  • 頭頚部のがんの罹患歴がある方

食道がんの初期症状

食道がんは、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。早期発見・治療を行うためには胃カメラ検査が必須となります。
がんが進行すると、以下のような症状が現れます。

食道がんが進行した場合の主な症状

食道がんは、進行するにつれて以下のような症状が現れます。ただしこれらの症状は食道がん以外の疾患でも起こることがあるため、自己判断はせずに医療機関を受診して医師の診察を受けましょう。

  • 声が枯れる
  • 咳が出る
  • 食べ物がつかえる
  • 体重が減る
  • 熱いものを食べる・飲むと喉がしみる
  • 背中や胸が痛む(背骨に転移した場合)

食道がんの検査

食道がんの検査としては、主に胃カメラ検査とバリウム検査が行われます。胃カメラ検査とは、極細の内視鏡スコープを口や鼻から挿入し、胃や十二指腸、食道などの状態を直接観察する検査です。見逃されやすい微細な疾患の早期発見にも優れた検査法となります。また、胃カメラ検査では検査中に疑わしい病変が発見された際に、そのまま病変組織を採取して病理組織検査を行い、原因を特定することも可能です。
一方、バリウム検査とは、バリウムを飲んでからレントゲンで食道や胃の状態を調べる検査です。バリウム検査は、ある程度食道がんが進行した場合は状態を確認できますが、早期の食道がんを発見するにはあまり向いている検査ではありません。
当院では、鎮静剤や鎮痛剤を使用することで、苦痛をできるだけ軽減した胃カメラ検査を行うことができます。食道がんは、進行すると食道の潰瘍や隆起、狭窄を引き起こす恐れもありますので、注意が必要です。

胃カメラ検査


食道がんの治療・手術

食道がんの治療は、進行度合いに合わせて選択します。

表在食道がんの場合(内視鏡的治療・外科的治療・化学放射線療法)

表在食道がんの治療には、内視鏡治療、外科手術、化学放射線療法(化学療法と放射線治療の併用療法)の3種類の治療法があります。治療の選択は、食道の周囲にあるリンパ節へのがん転移の有無や、それに応じたリンパ節切除の必要性の有無によって検討されます。リンパ節転移のリスクは、がんの広がりや深さ、組織型などの状態から総合的に判断します。リンパ節転移の可能性が低いと判断された病変の場合は、胃カメラ検査の際に内視鏡から電気メスを出して直接病変を切除するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という治療を行います。この方法は、外科手術のように開胸を行わないため全身麻酔を施す必要がなく、また術後の体への負担も非常に少ないことが特徴です。ただし、切除した病変を病理検査で分析した結果、リンパ節転移のリスクがあると確認された場合には、追加治療が必要となります。また、内視鏡的治療が困難な場合や追加治療が必要と判断された場合には、外科手術や化学放射線療法が適用されます。

進行食道がんの場合(外科的治療・化学療法・放射線治療)

食道から遠隔への転移が認められず、手術でがんを除去できると判断した場合は、外科手術を行います。その際、がんの広がり度合いによって手術前にがんを小さくするための術前補助化学療法や、術後に再発を予防のための術後補助化学療法を併用することもあります。体力的に手術が困難な場合や、手術を希望されない場合は、化学放射線療法や放射線治療のみを行います。
一方、食道から遠隔への転移が認められ、手術でがんを完全に除去できないと判断した場合は、がんの進行を抑制するための化学療法を行います。
食道がんは、早期発見できれば、体に負担の少ない内視鏡的治療で根治できる疾患です。早期発見・早期治療に繋げるためにも、定期的に胃カメラ検査を受けることを推奨しています。

Contact
ご予約はこちら

お電話予約
お電話予約

TEL050-3613-2129

月・火・木・金 8:30~16:45
水・土 8:30~15:00

WEB予約
WEB予約

診察のご予約はインターネット
なら24時間おとりできます。
お電話の方は診療時間内に
おかけください。

WEB予約

LINE友だち追加
LINE友だち追加

お得な情報をご提供致します。
ぜひ友だち追加を!

QRコード