空腹時の胃痛

空腹時に胃がキリキリする方へ

空腹時に胃がキリキリする原因は、様々な要因が絡み合います。1つは、空腹時に胃酸が増加し、胃の内壁に刺激を与えることが考えられます。また、胃の炎症や胃潰瘍がある場合も、空腹時に胃がキリキリする(胃痛)を引き起こす原因となります。さらに逆流性食道炎やストレス、不規則な食生活も胃痛、胃の不快感の原因になります。まずは原因を特定し、適切な治療を行うために消化器内科までご相談ください。


なぜお腹が空いていると胃痛がしやすい?

お腹が空いていると胃痛がしやすいのには、様々な原因が考えられます。まず、胃が空っぽの状態では、胃酸の分泌が増加し、胃の内壁に刺激を与えやすくなり、刺激が胃痛を引き起こす可能性があります。また、胃が空っぽの状態で胃酸が胃の内壁に集中しやすく、それが胃の粘膜を刺激して痛みを感じることもあります。さらに、空腹時には胃の運動が活発化し、胃の内部が収縮することがあります。これは、胃の空腹感を増す一方で、不快感や痛みをもたらす可能性があります。また、胃に食べ物がない状態では、胃酸や消化酵素が胃の内壁を保護する役割を果たせず、胃痛や不快感が生じやすくなります。加えて、空腹時にストレスや不安が増すことも、胃痛を引き起こす一因となります。これらの要因が組み合わさることで、お腹が空いていると胃痛がしやすくなります。


空腹時は胃痛だけでなくげっぷが出やすい?

上記、説明させていただいたように、空腹時に胃痛が出る原因として、以下のようなことがあります。
まず、胃が空っぽの状態では、胃酸の分泌が増加しやすくなります。この増加した胃酸が胃の内壁を刺激し、胃痛を引き起こすことがあります。また、空腹時に胃の粘膜が直接刺激されることも、胃痛の原因となります。
一方、げっぷが出る理由としては、空腹時に胃に空気が溜まりやすくなることが挙げられます。これは、胃の内部が空っぽであるため、食事による胃の充填がない状態で空気を取り込みやすくなるためです。また、ストレスや不安などの心理的な要因もげっぷを誘発する可能性があります。
さらに、食道逆流も胃痛やげっぷの原因となります。胃が空っぽの状態で胃酸が過剰に分泌され、食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激しやすくなります。この刺激がげっぷを誘発することがあります。
これらが組み合わさることで、空腹時に胃痛やげっぷが出る場合があります。


空腹時に胃痛がする時は食べればいい?

空腹時のみ起こる胃痛であれば、食べることで治ることもあります。これは、胃痛の原因が空腹によるものの場合、食べることで胃が刺激され、胃酸の分泌を抑制するためと考えられています。また、胃の内壁が保護され、胃の不快感や痛みが軽減されることもあります。
ただし、胃痛の原因が空腹によるものでない場合、たとえば胃炎胃潰瘍逆流性食道炎によるもののこともあります。まずは原因を特定するために、消化器内科である当院までご相談ください。


胃痛と姿勢は関係ある?

胃痛の起きやすい姿勢として下記のようなものがあります。胃の調子が悪い時には、姿勢を注意してみるのも良いかもしれません。

前かがみの姿勢

腹部を圧迫する姿勢や、内臓を圧迫するような前かがみの姿勢は、胃に圧力をかけて胃痛を引き起こすことがあります。

横たわった姿勢

横たわっていると、胃の内容物が食道に逆流しやすくなるため、胃酸の刺激を受けやすくなります。これが胃痛や胃灼熱の原因となることがあります。

長時間同じ姿勢を保つ

長時間同じ姿勢を保つことで、胃や内臓に圧力がかかり、血流が悪くなることがあります。これが胃の不快感や痛みを引き起こす要因となることがあります。

背中が丸まった姿勢

背中が丸まった姿勢では、内臓が圧迫されやすくなります。このような姿勢で長時間過ごすと、胃痛を引き起こすことがあります。

胃痛に関するページ

Contact
ご予約はこちら

お電話予約
お電話予約

TEL050-3613-2129

月・火・木・金 8:30~16:45
水・土 8:30~15:00

WEB予約
WEB予約

診察のご予約はインターネット
なら24時間おとりできます。
お電話の方は診療時間内に
おかけください。

WEB予約

LINE友だち追加
LINE友だち追加

お得な情報をご提供致します。
ぜひ友だち追加を!

QRコード